流れる星のような一瞬の恋をしたい

“好きなこと”を“好きな分”だけ

ねぼすけ流星くん

 

 

流星くんとデートがしたいねん!!!

ということでデートに行きましょ~!!

 

前日の夜流星くんから

『10時に家の前行くから待ってて〜』って

LINEくるから

どきどきしちゃってなかなか眠れない!

だって久しぶりに会うんだもん!

『家の前ついたらLINEしてね〜!おやすみ!』

って返信して眠くないのに日付け変わってないけど無理やり寝ようとするよね〜!!

だって流星くんに会うのにクマ出来てたら最悪ですもんね~!!

可愛くしていこ!って思って張り切って目覚ましたらまだ7時…二度寝したらもう起きれないって思って早起きしちゃった。楽しみすぎて早起きとか小学生かよ…

 

 

準備万端なのに肝心の流星くんから連絡が来ない…

10時過ぎに『おーい!』『りゅーせ!』『起きてる?』って送ってるのに既読すら付かない…

嫌な予感しかしないし今日を逃すとまたお互いの予定合わないから暫く会えない…

そんなことを思っていたら家飛び出して流星くん家まで向かっちゃう彼女。かわいい。

家の前ついて『私が家まで迎えに来てあげた!あーけーて!』ってLINEしても既読すら付いてない。

しかたなくインターホン鳴らしたらねぼすけ流星くんが

『…ん〜、はあい。なんすか?』って言うから

『流星くんのばか!!!』って叫んだら一瞬にして状況把握したらしい流星くんが『んわ、ほんまごめん!!とりあえず家入って~!』ってぽやぽや言うから呆れちゃうよね!(モニター越しの寝起きノーセット流星くんがかっこよかったのは内緒ね♡)

 

暫く会えてなかったのに寝坊までかまされて

彼女ぷんすかしてます。流星くん全力で謝ってるけど『りゅうのばーか。』『りゅう嫌い。』『りゅうが迎えに来てくれるのずっと待ってたもん。』『忙しいけどりゅうに会える今日の為に一生懸命頑張ったのに…』ってブツブツ言いながら彼の背中に顔埋めていじけちゃいます。

 

いじけたり構ってほしいときはりゅう呼びでてきちゃう彼女。

流星くんも呼び方がかわってるからいじけたって事ちゃんと分かってる。だからくるって振り返って彼女の方向いて『ほんまにごめんなあ?やけど俺は〇〇の笑顔が見れればどこ行っても楽しいけどなあ〜。やから今日はお家デートでもええ?』って頭ぽんぽんしながら言ってくる。

 

ずるいよそんなの!彼女のお怒りは一瞬にして収まるしにやにやしちゃうし甘々モード突入しちゃうよね!

 

HDDに入ってる番組ぼーっと見てるんだけど流星くんの足の間に座ってる彼女は後ろから首筋にちゅーしてきたり耳ハムハムしてちょっかい出してくる流星くんのせいで集中できない。

痺れを切らして膝立ちで彼の方を向いて『テレビに集中できない!』って言うと『ほんまは嬉しいんやろ?へへ』って聞いてくる流星くんドS〜!

彼女が顔赤くして俯いてるとここぞとばかりにチュータイムに入ります。

 

ここから先はご想像に委ねますね(笑)

はあ〜私も流星くんとこんな日々過ごしてみたいな!!

 

ご覧いただきありがとうございました!

三連休の最後ですよ!

今日はMステにWESTさんでるので楽しみです!

 

 

 

左手薬指見て傷付きたい part2

 

 

先程濵田さんで傷つきましたが

もっともっと傷をえぐりま〜す!!

いきま~す!!

 

 

①既婚者子持ちの中間先輩

中間先輩はすごい厳しくてクールだけどさり気なくフォローしてくれたり褒める時に『頑張ったな。よしよし。』とか言って頭ポンポンしてくれたりするからキュンキュンしちゃうよね!好きとかいう感情は全くないんだけど仕事が疲れた時に『…あー疲れた』って呟きながらロック画面の嫁と子どもみてふふって笑ってるところ見てから左手薬指の指輪の輝きが増して見えるしいつもの頭ポンポンも左手でされてる事に気付いて勝手にショック受けたい…ちょっと気になってるのかもとか思って意識して中間先輩の事直視出来なくなっちゃう…話しかけられてもあからさまに肩ビクってさせちゃう…きっとこれは恋だね…

 

②お隣さんのあっくん

ちっちゃい時からずーっと年上のあっくんの事大好きであっくんの事後ろからちょこちょこ追いかけてて『ほんま俺の事好きやな!俺が将来お嫁に貰ったる!』ってあっくんが言ってくれて未だにその言葉信じてたんだけどあっくんが大学進学を機に一人暮らし初めたから全く会えなくなっちゃって数年。学校から帰ってきたら久しぶりにあっくん見つけて『あっく~ん!!何しに来たん〜??』って叫びながら近づいたら『おう!久々やな!てかでっかくなったな!』ってほっぺひっぱられたんだけどその時左手薬指に指輪してるの見えちゃって久々に会えたのにちょっと半泣きになっちゃう。パって横見ると女の人いて『その人俺の嫁はん!ちゃんと挨拶しい!』って言われるから『自称あっくんの妹です!宜しくねお姉ちゃん!』とか適当に挨拶してそれからあっくんがなんか話しかけてくれるんだけどそんなの上の空で家帰って部屋閉じこもって大号泣したい。後日女の子のお母さんがあっくんママに事情話しちゃったみたいでわざわざあっくん家まで来てくれるんだけど会いたくなくてドア越しに『約束守れへんくてごめんな?』って言ってくれるんだけどそんなのとされたら余計苦しくなっちゃう。

 

 

なんか書いてたらほんとに悲しい気持ちになってきちゃった…明日はぽやぽやな記事更新します…おやすみなさい…

 

 

左手薬指見て傷付きたい

 

久しぶりに会って結婚してたの知ったらダメージ食らう元カレ部門ランキング堂々の1位の濵田さん。

 

 

高校の時付き合ってたたかが取引先の会社の人で偶然再会して

『お前ほんま綺麗なったなあ!』とかたわいもない話してて飲み物飲むたかの手見たら左手薬指に指輪はめてる。

『なあ、結婚したん?』って聞いたら一瞬間があって

『…んぁ?!せや!2年前に結婚してん!おお前はどうなん?』ってにこにこ笑顔で左手見せつけてくる。

まあ私も婚約中なんですけど!

なぜか!

傷付いてる!

なんでだろ!!

 

その日はそのまま別れるんだけど

次の取引先とのミーティングでまた再会。

たかが私に『この後2人で飲まへん?久々に会ったからもっと話したいなって思ったんけどあかん?』って聞いてくるから…

まあ飲みに行きますけどね!!

飲んでたら話弾みすぎちゃって終電なくなっちゃって途方に暮れてたら

『ホテル行くか?』って言ってくるから

『たか奥さんいるやろ。元カノとホテルとか悲しむで。』って言ったら

『そんなの平気やってぇ!なんなん?拗ねてるん?』って顔覗き込んでくるから

『そんなんちゃうし。』って顔逸らしたら

『今はお前しか見てへんよ。』って言ってくるからそんなの言われたらホテル行くしかないじゃん~〜!!!

しかもその言葉初めてヤキモチ妬いた時にたかが言ってくれた言葉だし覚えてくれてて嬉しいっておもっちゃうじゃんばか!

いざホテル行くと私は指輪外すけどたかは指輪外さないからかなりダメージ食らって割と上の空。でも事後に『やっぱ俺ら体の相性だけはいいなあ!』って笑うから悔しいよね。そこからズルズルいけない関係引きずっちゃう…あの時私が振らなければよかったな…とか後悔しちゃう自分がいて悔しいよね。やっぱり罪な男。

 

 

 

私、濵田さんに不倫させたがりですね(笑)

ごめんなさい許してください!!!

 

 

 最近アクセス数がたくさんで嬉しいです!

見てくださってる方ありがとうございます!

 

 

ジャニーズWESTに月が綺麗ですねって言ってみた

 

 

こんにちはお久しぶりで〜〜す!!

こないだ出かけた時に月が綺麗だったので

n番煎じではありますがジャニーズWESTさん達に

『月が綺麗ですね。』を言ってみました!!

 

 

まずは(^ワ^=)!

同棲中の大毅と一緒にベランダでぼーっとしてたら綺麗な月が見えたから少し照れながら『月が綺麗ですね。』って言ったら「きっしょ!急にどうしたん!…お前もたまにはそういうこと思うんやな〜」って私の方見て笑ってきた…絶対意味わかってないなこいつ…だけど好きだよ…

 

 

はい次(б∀б)!!

家でテレビ見ながら淳太くんの帰りを待ってるとニュースで今日は月が綺麗に見えますよって言ってたから思わず『月が綺麗ですね。』って送ってみたらすぐに返事が来て「今から帰るで。死んでもいいわ。」って書いてあった…さすがインテリ…!!ホントの意味なんて知らないと思ってた彼女はちょっと恥ずかしくなっちゃう〜!

 

次は(θヮθ)!!

年上彼氏の崇裕くんに『月が綺麗ですね。』って月が見え始める頃に突然送ってみたけど返事が来たのは寝ようとしてる時で『遅れてごめんなあ。バイトやった!せやな!お前と一緒に月みたいから今から家行くわ〜』って来たから彼女大慌て!意味わかってないポンコツだけどキュンってしちゃうよね!!

 

続いて‪(`‐´)‬!!

彼氏のともくん家に遊びに来てる時にともくんが「今日なあ、月綺麗らしいで〜!」ってにこにこ笑いながら言ってくるから『月が綺麗ですね。』って言ってみたら「それ知ってんで!愛してるって意味やろ?やったら普通に愛してるって言うてくれた方が俺は嬉しいけどなあ」って言ってナチュラルに彼女からの『愛してる』おねだりするよね~!いいね可愛いよ〜!

 

次は‪('・ェ・`)‬!!

のんちゃんと夜ご飯の準備のためにスーパーまで買い物に行くんだけど帰りに見えた月が綺麗だったから手繋ぎながら『月が綺麗ですね。』って呟いたら‪('・ェ・`)‬←この顔して「も〜なんなん!それ!反則やわ!愛してるってことやんな?可愛すぎ!無理や!はよ家帰ってイチャイチャしよ!」って言うねおっきいわんこちゃん!

 

お次は〜!(´◇`)

あっくんにドライブデート連れてってもらって夜の海で景色ボーッとしてる時に『月が綺麗ですね。』って言ったら「俺もそれ思ってたわ!」って答えるからどうせ夜の海だし顔赤くなってもバレないと思って『違うよ〜愛してるって意味なの!』って思い切って言ってみたら「え!そうなん?!自分そういうとこやでほんま!」って言ってぎゅうしてくれるよねあっくん〜〜〜〜〜!!!好きかよ〜〜!!!

 

最後は〜??(ノノ_☆)

流星くんとお家でごろごろしてるんだけど突然彼女がソファーに座ってる流星くんのことぎゅうってして『ねえ、流星くん?月が綺麗ですね。』って言ったら「んえ?何で今、月の話してるん?」とかぽやぽやな答え絶対来るよね〜で、彼女勝手に拗ねちゃってしかめっ面してるんだけど携帯で検索して意味知った流星くんが今度は後ろからぎゅうしてきて『さっきのは死んでもいいわ。って答えればええんやろ?』って耳元で囁いてくるから彼女の機嫌直っちゃうよね〜!!!罪だね流星くん〜!!!

 

 

またまた長くなってしまった…

では明日はジャニーズWESTさんと朝っぱらからジャンケンするためにもうそろそろ寝ますね!!

 

 

流星くんと保健室

 

 

たまには流星くんだけで書いてみようかなと思いまして!!

付き合ってくださいお願いします。

 

私が先生で流星くんは生徒(高3)ね!

で、私は新卒だからあんまり歳が離れてないの!

教科はやっぱりベタに保健室の先生になりたい(勝手にどうぞ)

 

まだ仕事が慣れてなくてバタバタしてる5月中旬なのに保健室にはもう常連くんがいるのね。
それは毎週火曜日の3限、絶対保健室にサボりにくる学校イチのモテ男の流星くん。

彼が歩けばみんながざわめく注目の的です。

 

ずっとこの時間ここにいるけど単位大丈夫なのかな…??そんなことは置いといて

私たちがそんな関係になったのも原因は私なんですけど…

だって!流星くんがふらっと保健室来て『なあ、先生さ今2人やけど何も起こらへんって思ってるやろ~?』って聞いてくるから『うん、そりゃ先生と生徒だもんね。』って資料に目を通しつつ呟いたらいきなりバックハグされちゃったんだもん!!もう!!!

彼は歳上キラーだからな(何様)

それでドキドキしてるのバレちゃって『こんなドキドキしてるのにそんな事言えるん〜?』ってニヤニヤしながら聞いてくるからもう降参…!!

 

今日もまたいつもみたいに保健室の中から鍵かけてベッドに腰掛けてから『せーんせ、おいで』って両手広げて言ってくるのずるい…!

でもちょっと流星くんの事気になっちゃうから黙って抱きつきに行く私(チョロい女)(節度を持て)

流星くんったら、『んは、素直やなあ。可愛ええ〜。あ、シャンプー変えた??』ってそっと頭撫でてくるし目細めて笑いかけてくるし何よりちっちゃい変化にも気付く!!!反則!レッドカード一発退場!!!

すると流星くん、真剣な顔して『なあ、いつになったら先生俺のこと好きになってくれるん?ずっと待ってるんやけどなあ。』って私の髪の毛いじいじしながら聞いてくるの。

私はこの関係がいけないって分かってるしこれ以上流星くんがここに居たら留年しちゃうことも担任の先生から言われてるから

『ん〜、そうだな。藤井くんがいつもサボってるこの時間の授業をちゃんと受けて期末テストで90点台取ったら考えてあげる。』ってほっぺプニってしながら答えたの。

すると流星くん、『んえ、それはムズいな〜。んまあ、頑張れるだけ頑張ってみるわ』って言うとひょいってベッドから腰上げて授業戻っていっちゃった。

それから流星くんはその時間には保健室来なくなったんだけど毎週火曜日になると来るんじゃないかって期待しちゃってる自分に気付いて流星くんへの思い実感しちゃうよね~全く!!

 

で、期末テストのテスト返却日にバタバタ足音が聞こえたからなんだろ…?って思ってたら流星くんがガラって扉開けて『なあ見てや!92点取れてん!!』ってにこにこスマイルでテスト見せに来てくれるから思わず抱き着いちゃった!すると流星くん『あれ、俺より先生の方が寂しかったんちゃう?』って言いながら抱きしめてくれるよ…素敵…まあ案の定すんなり付き合うんですけど夏休み明けからずっと流星くん保健室でお弁当食べてるからあれやこれやウワサは流れますよね。でも当の本人はそんなのお構い無しだからさすがB型だよね。

 

月日は流れて卒業式後にボタンとネクタイとベルト全部奪われた流星くんが保健室にやって来て『これでやっと皆に何も言われんと隠さず堂々と付き合えるな、んあ、あとこれも出来るようになったわ』ってくいって顎持ち上げてちゅーされちゃう…!!

 

実は私、付き合う時にお互いの立場考えて卒業まではぎゅー以上の事しないでって頼んでたんです。

それを一途に守り続ける流星くん素敵すぎる…!!!

 

流星くんとの初めてのちゅーにぽかんとしてるとまた抱きしめてきて

『ほんまはな、せんせ、あ。〇〇の事一目惚れやねん。始業式で新しい先生ですって紹介された時からずっと。もうなんかその時から〇〇の事頭から離れんくて…って何言ってるんやろ俺。いろんな子に告られてんけどその度に〇〇の方がええな。とか先生やけど相手にしてくれるんかな?とか考えてもうてさ。〇〇が思ってるより俺は〇〇に夢中みたいやねん。んへへ。』ってりゅうちゃろスマイルかましてくるからもう…!!!

 

 

 

それから先生と流星くんは幸せに暮らしましたとさ!

 

文字数えげつなくて自分でも引いてます…

読みづらいとは思いますが大目に見てやってください…

重岡くんと付き合ったから聞いて下さい。

 

 

いやーーー!!ほんっとにお久しぶりです!

夏なのにいろいろバタバタしていて充実した夏も送れずにしかも更新もできなかった(涙)

という事で終わりかけの私の夏を救ってくれた素敵な夢の話にお付き合い下さい!!!!

 

 

高校2年の夏、補習のために呼び出された私と重岡くんなんですけど私たち普段からいつも騒いでるから先生に目を付けられてるんです。学校に着くや否や5分前に到着したにも関わらず先生に怒られちゃった…!重岡くんはちゃっかり早めに着いていて怒られてる私を見て

(^ヮ^=)<ギャーーーハッハ!って笑うから重岡くんも巻き添えで怒られちゃいました!(ざまあみろ)

いざ始まると私と重岡くんの2人だけで補習はすんなり終わったんですけど帰り道が濃密すぎて…もう…しげちゃん…ってなっちゃいました。(きもい)

 

帰り際に文化祭の準備してる同じクラスの友だちに捕まって手伝わされる重岡くんと私。看板作る作業が暑すぎて休憩中に学校の自販機に売ってる一番安いむぎ茶を2人で買ったんですね。で、また作業に戻るとどっちがどっちのむぎ茶だか分からなくなっちゃったんです。いや、私は分かってるんですけどあえて分からないフリです。(どうやら私は重岡くんが好きみたいです)すると重岡くん、『どっちがどっちでも変わらへんやろぉ〜』とか言って私のむぎ茶飲み始めるんですけどさっき飲んだ時にほんのりリップが付いちゃってて『うえーーーー!これお前のやん最悪や!!!ぺっぺ!!!』ってバカでかい声で叫ぶんですよ。内心傷ついてるんですけど私が『じゃあこっちがシゲのだね。ほい。』って渡すと重岡くんったら『…いや、そっちはお前が飲んどけ!その、なんて言うか…ああもう!!』って頭かきむしるからなんのこっちゃ分かりませんよね。で、無事に準備終わって帰り道に『お前チャリやろ?ほれ、いつもみたいに競走しよや!負けた方が罰ゲームやで!』ってびゅーーんって土手沿いを猛スピードで走り出すんですよ。とりあえず罰ゲームは嫌な私も後について走り出すんですよ。でも男の子の重岡くんの脚力に勝てる訳無くて罰ゲーム決定だな〜とか思ってたらいつものゴール地点の前でわざとらしく『いって!足つったわあ!!!』とかやってるからそんなのお構い無しに私はゴールしたんですね。そしたら『しゃーない、罰ゲームか…』って夕暮れ時の空見上げて意を決したようにこちら見つめて『俺、お前のこと好きやねん。付き合って?』って言われるから『はい』って答えたら『お前が断らへんって分かってたんやけどな!』ってだっきゃんスマイルかましてくるからもう……!!!

それで帰り際に一言こう言うんです。

『これからはお前のことケツに乗せたるからチャリ乗ってこんでええよ。お前が嫌ちゃうかったら、その、迎えに行くし。』って言い残して私の家まで送ってくれる重岡くん…いや、大毅まじ愛してるわ…

 

 

 

甘酸っぱい青春出来て満足です!!!!!(夢なのに)

見てくださってありがとうございます!!!!

助演女優賞と藤井流星くん

 

 

 

こんばんは!もふこです!

先日助演女優賞2x濱田崇裕を書いたんですけど

今日は助演女優賞x藤井流星 をお届けしたいと思います!

先程も更新したんですけどどうしても更新したいんです!お許しください…!!

 

流星くんには彼女がいて、私は彼氏がいたけど流星くんの事が好きで別れてしまった設定です。

 

 特にやることもなくてぼけっとしてたらいきなりの着信。画面を見ると流星くんって書いてある。それだけで胸が高鳴って馬鹿みたい。甘い声で『なあ今から来れるやろ〜?逢いたいんやけど〜。』って言う彼。私が断らないってことも私の気持ちも全部分かってるんでしょ?だからその度に『今から行くね!』って都合が良くて頭の悪い女を演じてるの。

 

流星くんの家に行くと話も無しにいきなり身体重ねてくる。最初は驚いたけど今はもう慣れたよ。こうなって身体重ねる度に想いが募るのは私だけみたいだね。

 

“流星くんが好き。”この言葉を口に出したら少しだけ楽になるかもしれないけどその言葉を聞いたら『んは、いやだって俺らセフレやん?○○にはもっとちゃんと愛してくれる人が居ると思うけどなあ?”』って頭撫でながら取って付けたような台詞で惑わせるんでしょ?

 

流星くんを好きになってから愛して欲しいって叫ぶことがいつの間にか恥ずかしいって思うようになっちゃったみたい。

でも、この関係を開き直れば私はきっと幸せ。

だってここでこうして流星くんが求めてくれるから。

 

流星くんに触れる度にこんなにも辛くなるのは

きっと毒が塗ってあったからなんだろうな。

もう流星くんの好きなようにしてくれていいよ。

わたしの欲しいものは流星くんの心以外、ここにあるから。

 

“流星くんが好き。”この言葉を口に出したら少しだけ楽になるかもしれないけど私の求めている流星くんの私に対する好きという感情は探しても無いって分かってるから

これからもずっと流星くんとはこの関係でいよう。

 

いやあ、本当に切ないですね…

流星くんは全く私のこと好きじゃないのに

私は会って身体を重ねてしまう度に流星くんの事好きになっていっちゃう。だけど、私と流星くんは絶対に結ばれない。

でも実際流星くんは一途らしいですからね(本人談)ていうか流星くんこの役やってくれないかな?私が脚本します!させてください!(うるさい)

 

またまた私の自己満企画にお付き合い頂きありがとうございます!

あ〜やっぱり妄想って!

楽しい!!!!(ブ○ゾンち○み風)