流れる星のような一瞬の恋をしたい

“好きなこと”を“好きな分”だけ

助演女優賞と藤井流星くん

 

 

 

こんばんは!もふこです!

先日助演女優賞2x濱田崇裕を書いたんですけど

今日は助演女優賞x藤井流星 をお届けしたいと思います!

先程も更新したんですけどどうしても更新したいんです!お許しください…!!

 

流星くんには彼女がいて、私は彼氏がいたけど流星くんの事が好きで別れてしまった設定です。

 

 特にやることもなくてぼけっとしてたらいきなりの着信。画面を見ると流星くんって書いてある。それだけで胸が高鳴って馬鹿みたい。甘い声で『なあ今から来れるやろ〜?逢いたいんやけど〜。』って言う彼。私が断らないってことも私の気持ちも全部分かってるんでしょ?だからその度に『今から行くね!』って都合が良くて頭の悪い女を演じてるの。

 

流星くんの家に行くと話も無しにいきなり身体重ねてくる。最初は驚いたけど今はもう慣れたよ。こうなって身体重ねる度に想いが募るのは私だけみたいだね。

 

“流星くんが好き。”この言葉を口に出したら少しだけ楽になるかもしれないけどその言葉を聞いたら『んは、いやだって俺らセフレやん?○○にはもっとちゃんと愛してくれる人が居ると思うけどなあ?”』って頭撫でながら取って付けたような台詞で惑わせるんでしょ?

 

流星くんを好きになってから愛して欲しいって叫ぶことがいつの間にか恥ずかしいって思うようになっちゃったみたい。

でも、この関係を開き直れば私はきっと幸せ。

だってここでこうして流星くんが求めてくれるから。

 

流星くんに触れる度にこんなにも辛くなるのは

きっと毒が塗ってあったからなんだろうな。

もう流星くんの好きなようにしてくれていいよ。

わたしの欲しいものは流星くんの心以外、ここにあるから。

 

“流星くんが好き。”この言葉を口に出したら少しだけ楽になるかもしれないけど私の求めている流星くんの私に対する好きという感情は探しても無いって分かってるから

これからもずっと流星くんとはこの関係でいよう。

 

いやあ、本当に切ないですね…

流星くんは全く私のこと好きじゃないのに

私は会って身体を重ねてしまう度に流星くんの事好きになっていっちゃう。だけど、私と流星くんは絶対に結ばれない。

でも実際流星くんは一途らしいですからね(本人談)ていうか流星くんこの役やってくれないかな?私が脚本します!させてください!(うるさい)

 

またまた私の自己満企画にお付き合い頂きありがとうございます!

あ〜やっぱり妄想って!

楽しい!!!!(ブ○ゾンち○み風)

 

 

CHO-EXTACYについて喋りたい

 

 

先程も更新しちゃったんですけど

妄想とか全然関係なく私の大好きな

“ CHO-EXTACY”についてただただ語りたいと思います。

私は恥ずかしながらチョエクの沼にどっぷり浸かってる、言うならばチョエク信者でございます(笑)

少クラ収録後のレポでチョエク歌ったと流れてきた時本当にどうしていいか分からずにそわそわしてしまい、放送されるまで毎日毎日チョエクをテレビで観れると言うことを神様に感謝していました。(ドン引き)

ふみきゅんの曲フリ後ののんちゃんの顔の下半身スタートからの囁きEXTACY...控えめに言って無理でしかなかった…

それから始まれば〜という私の大好きな流星くんのパートが始まった時にはもうNHK様に足を向けて眠れないと思いました。それなのに思えるよ〜で彼、笑うから私の心臓は破裂寸前...

腰振りにも個性出てるからメンバー全員の腰振りを穴が開くくらい見てしまいました。

やっぱり私は流星くんの腰振りがいちばん好きです(深い意味はありません)

腰振りをドアップにしてくれたカメラマンさん、金一封と粗品をお送りしたいです(涙)

ただ間奏の間、流星くんたくさん横に移動するからあそこだけは不覚にも笑ってしまいます(笑)

安定に神ちゃんのI love you+おててはーとにはもちろん殺されたしその後の流星くんのパートでは自然とニヤケがこみ上げていました

あとこれはもうお淳太様が映る時全般の感想なんですけど彼色気ありすぎないですか?!

シャツをめくりながらのアレ!!エロの塊〜〜!!しんどい〜〜!!

でもやっぱりチョエク信者としてベスト・オブ・チョエク大賞はTAKAHIRO HAMADAなんですよね〜オォ〜イェ〜(表現力が乏しい)というところの闇の帝王感…好き…癖丸出し…

お淳太様がCHO-EXTACY...+お色気ポーズももちろん魅力的なんですけど!!!それの前のくるって後ろ向くTAKAHIRO見ました!?あれにれ不覚にも胸キュンしてしまいました...

チョエクを見るといつも私、実はTAKAHIROの女なんじゃないかって思ってしまいます...

 

こんなにチョエクについて語れるというのはもうすでに深みにハマってくどこまでも、なんだろうな(遠い目)

でも彼らとなら非合法な愛でもアリかも、?!って思ってしまいます(笑)

 

 

こんな長文で乱文な私的チョエクの好きな所をお読み頂きありがとうございます!
みなさんはライブのチョエクか少クラのチョエク、どちら派ですか?私は迷いに迷うと言いたい所ですがわりと即答で少クラ派です!!!

 

 

ジャニーズwestとテスト勉強したいPart2

 

こんばんは!最近アクセス数が増えてきてとても嬉しいです!もふこです!

早速ですが昨日に続いて残りの3人も行きましょ〜〜!

 

まずは中間淳太くん!

淳太くんはもう問答無用で先生です。

私がいつも赤点ギリギリで留年しそうなこと知ってる中間先生が授業中に私の横を通る時、机の上に紙を置いていったから見てみたら“放課後 英語教員室な。サボったら許さへんからな!”って書いてあった。え、まさか…!学校でもモテモテの中間先生と2人きり…!って淡い期待を抱きながら浮かれてたさっきまでが嘘のような中間先生のスパルタぶり。サボればよかったって思ってたら中間先生に『サボればよかった。って思ってるやろ?バレてんで。』って怒られちゃった。自分があまりに出来なさすぎてヘコんでたら『俺が教えたんやから大丈夫や。こことここ、出来るようになってるやん。』って頭ポンポンしてくれるしおまけに『ほら、勉強したんやから糖分補給せなな。』っていちごみるくのジュースまでくれちゃう。飴と鞭を使いこなしてる〜!さすがTAMER様!もっと褒められたいけどもう一回特別補習してもらいたくて心の葛藤する高1の学年末テスト前。

 

お次は小瀧望くん!

いつどこでこんなに懐かれたかは分からない学校イチのモテ男のんちゃんが流星くんと一緒に『せーんぱいっ!勉強教えてや〜!』って教室に来たから私のクラスはプチパニックになっちゃう。でもちょっとめんどくさかったから断ったら『いーーやーーや!!せーーんーーぱーーいっ!!』って大きな声で駄々っ子のんちゃん発動されちゃってうるさくて渋々承諾。6時間目終わったらすぐに教室前で待ってるのんちゃん。そんな彼をちょっと可愛いなって思っちゃう。それがバレちゃったのか『今可愛いって思ってたやろ、、』ってプクってほっぺ膨らますから可愛いの二乗…空いてる教室で勉強教え始めてものんちゃんそわそわしてるから『どうしたの?』って聞いたら『…俺やってかっこええし』って言って『ないな…』って否定しようとしたら唇奪われるから勉強どころじゃない…

 

最後は〜!TAKAHIRO!

バスケ部の合同勉強会でマネージャーの私とペアになって付きっ切りで教えてくれる濱田先輩。『濱田先輩自分の勉強しなくて大丈夫なんですか?』って聞いてみたら『俺は平気やで!○○ちゃんにいつもお世話になってるやん?やから今日は俺が○○ちゃんお世話する番!』って言いながらにっこりスマイルかましてくる。何回も同じようなところ間違えちゃっても嫌な顔一つせず『ここはこうやって〜、あれ?こうやったかな?』って私のために試行錯誤を繰り返しながら教えてくれる濱田先輩の事見つめてたら視線が交わって『何見てるん?今俺の顔そんなに変やった!?』って聞かれるから『優しいなって思って!』って答えたらちょっと照れながら『もうそんなん言っても何も出えへんで〜?』って言いつつも勉強終わりに一緒に帰ってたら私の大好きなお菓子買ってくれるから密かに好きを募らせながらもみんなにこんな事してるのかな?って不安になりたい。ちなみに濱田先輩は赤点とりました。とかだったらさらに萌える…

 

 

どうだったでしょうか!

やはり私の妄想はちょっと長めなのかな?とは思いつつ溢れ出してしまう妄想をひたすら打ち込んでいたら気付いたらこの長さになってますお許しください…!!

昨日更新できてたと思っていたら出来ていませんでした、、

 

ジャニーズwestとテスト勉強したい

 

 

こんばんは!もふこです。

さて今日は突然ジャニーズwestとお勉強したい

と思い始めたので、早速始めていきましょう。

文字数が多くなっちゃうので二部構成で参ります!

 

まずは重岡大毅くん!

シゲはお隣に住んでます。(n番煎じだよ)違う高校なんだけどテスト期間が似たような時期だから大体家に帰るとシゲが『おばちゃんならさっき出掛けたで〜』って言いながら私のアイス食べながらソファーに居座ってる。勉強始めると集中している私の顔じっと見ながら『勉強してる時の顔ブッサイクやな〜』って笑われるからベッドに置いてあるクッションぶん投げたい。だけど『…まあそんなブスのことが好きなんやけど。ええ加減気付けや』って突然告白されて幼馴染っていう関係性が終わった高2の1学期期末テスト期間。

 

次は藤井流星くん!

付き合って1ヶ月くらいしか経ってないのにナチュラルにおうちデートに誘う流星くん。彼は断られるなんて思ってもいないし、もちろん断らない私。(深みにハマっていくどこまでも)言い出しっぺの流星くんは勉強なんかするかさらさらなくて私の後ろに回り込んでぎゅーしたり首筋に顔埋めたりとやりたい放題。1ヶ月間そんな事された事なかったから戸惑ってたら『もう我慢の限界やあ〜ずっと我慢しててん、んへへ。』って言うから『勉強するんでしょ?』って返したら『勉強と俺どっちが好きなん?』って聞かれるから『流星くんに決まってるでしょ!』って言ったら満足そうに微笑んで押し倒されます(後はご想像にお任せします)

 

次は神山智洋くん!

隣の席になってから仲良くなり始めたともくんと最近出来たばっかりのカフェでお勉強することに!2人でパンケーキ食べながら勉強してたらともくんに『ここ、付いてるで?』って私の口元に付いてるホイップクリーム指先で取られて食べられちゃった。普段誰にでもニコニコしてて皆の人気者のともくんにそんな事されて顔真っ赤になって俯いてたら『ほら、ここ教えたるよ』ってまたいつものともくんスマイルで言ってくるから私の心臓保たない!!

ふたりが付き合うのはまだ当分先の話…

 

最後は桐山照史くん!

私がいつも食堂に行くといっつも食堂のおばちゃんに『もっと!!なあ!もっと盛ってやあ!』って言ってるあっくん先輩。可愛いなあと思いつつなにも出来ずに眺める私。もうすぐテストだから図書室で勉強して帰ろうと思って立ち寄ってみたらあっくん先輩が中にいる。あっくん先輩の横しか空いてないのをいい事にちゃっかり横をゲット!しばらく勉強してると分からない問題が出てきちゃって長い時間考えてたら横からあっくん先輩が『ここはこうやってこうや!やってみい!』って教えてくれたからやってみたら解けた!そしたらあっくん先輩、私の髪の毛ワシャワシャ撫でてくるからほんのり頰がピンクに染まる。『また明日、ここおいでや。』って言ってくれたからちょっぴりおしゃれしてまた明日行こっと。

 

 

 

やっぱり長くなっちゃった〜〜!!!!

明日は残りの3人行きまっす!

では、失礼します!

助演女優賞2と濱田崇裕様

 

 

こんばんは!もふこです!

私、ジャニーズwestの他にback numberも聞くんですけど

助演女優賞2って我らのTAKAHIROにぴったりだと思うんですよね〜〜。

それでは、完全私得のお話がスタートです!

 

〜前置き〜

私とたあくんはかれこれ2年間不倫関係。

たあくんは既婚者で私はフリー。

こんな関係ズルズル続けたくないからたあくんに『もう終わりにしよっか。』って別れを告げてみた。

すると、『んは、突然やな?ええけど最後に一回会いたいわ。お前もそうやろ?』って言われた。いつでもたあくんは私のこと見透かしてるから悔しいけど本当に会いたいから最後にいつものホテルで会うことになった。

 

〜本編〜

20時にいつもの駅前待ち合わせ。

やっぱりいつもたあくんは遅刻してくる。

会うのはこれで最後なんだから忙しくても遅れずにきて欲しかった。それといつも左手薬指で光っている私を苦しめていた銀色の鎖も外してきて欲しかった。

でも、そんな不満はたあくんが『おまたせ』って言って落としてくれるキスたった1つで溶けてしまうくらい脆いモノなんだよね。

その時心で(こんな健気な女の子、おとぎ話でも出てこないよ)って呟いてみた。

 

彼は私のものにならないのに、

『このトップス、今まで見てきた中で一番お前に似合ってるで。』ってあの時少し照れながら言ってくれた彼お気に入りの洋服で会ってしまう私が悔しい。

 

私だって心の中ではたあくんといつか一緒になれるんじゃないかって思ってた。

 

でもたあくんは私が好きって言う度に

『お前がいくらそう言っても俺はお前と一緒になれへんねん。』って左手薬指を見ながらポツリと呟くもんね。

その仕草が脳裏に刻まれていてすごく苦しいの。

この関係に納得してた訳じゃないんだよ。

ずっと我慢していただけ。

 

たあくんは私のものになってくれないのに

もう二度と会えないかもしれないのに

どうしていつもみたいに嘘の『好きやで』を呟きながら私を抱きしめるの?

私が好きって言うのは嫌うのになんでなの?

 

事が終わってベッドサイドに座りながら背を向けてるたあくんをぼーっと眺めてたら携帯の画面見ながら

『お前、今日で最後って言うてたけど寂しいわ。いや、いつかはそう言われると思っててんけど、いざその時が来ると辛いもんやな。また会ってくれる気がしてしゃあないねん。情けないな、俺。苦しめてるのは分かってるんやけどな。』って彼が呟くように言った。

最後くらい男らしくいてほしかった。

最後だからこそいつもみたいに突き放して欲しかった。

そんな事言われると離れられなくなっちゃうじゃん。ずるいよ、たあくん。

でもね、私は気付いてるよ。

携帯の画面見ていたのは次の女の子への連絡だって。

私がいなくなったって違う子を探すんでしょ?

さよなら、たあくん。大好きだったよ。

 

 

 

この切ない歌が濱ちゃんと関係を切りたいと思ってたけどずるずる引きずってきちゃった女の子の歌にしか聞こえなかったので思わず勢いで書いてしまいました…

 

 

こんな切ない恋、TAKAHIROとならしてみたいっ!!!

 

では、今日も静かに見守っていただきありがとうございます!明日は月曜日、お互い仕事や学校頑張っていきましょ〜〜う!!

 

 

 

私の夢に出てきた中間淳太を共有したい

 

 

こんばんは!!もふこです!!

いつだったか忘れちゃったんですけど夢に淳太くんが出てきたのでみなさんと共有したいです聞いてください!!

 

 

付き合うか付き合わないかのあのもどかしいどっちもがあと一歩踏み込めば付き合えるっていう状況で平日お昼の明治通りを歩く平凡な私とキラキラアイドル淳太くん。お互い意識しちゃってて無駄に沈黙する時間が長いから私がたわいもなく、『淳太くんこんな時間にここ歩いてて平気なの?』って聞いたらノールックで『ん、別に平気やで』って言われるの。で、私が『へえ、なら良かった!』って言って会話終了…

焦る私。余裕そうな淳太。さあどうする!?

すると淳太くん、全然普段行かなそうな雑貨屋さんに入りたいって言い出すから黙って後ろ付いて行ったの。言い出しっぺの淳太くん、全然興味なさそうですぐお店出ちゃって私ももちろん興味ないから後ろ付いてお店から出たの。歩きながら淳太くん、『なんか欲しいもんあった?』って聞くから『なかったよ〜』って返したら『お金ならあるで?買ったるよ?』(金持ち…♡)って言うから『いらない!』って答えたの。それからまたしばらく歩いてたら淳太くんが急に止まって私の方見て『お前何が欲しいん?カバン?財布?なんなん?』って突然聞くから私、意を決して『私…淳太くんが欲しい…』って俯きがちに呟いたら顔真っ赤にして両手で顔覆う淳太くん。そしてこう呟いたの!!『んは、そんなんいつでもくれてやるわ。てか俺お前のこと好きや』って…!!真昼間の明治通りで赤面する私と淳太くん(謎なシチュ)

で、まあ普通に付き合うよね??さっきまで肩ぶつかっただけでびくってなってたのに今では手恋人繋ぎで歩いてるし幸せな気分でした。

 

 

 

 

 

ですがもちろん朝起きたら1人でベッドにいました。はい。

 

 

 

さあどうだったでしょうか私の夢の内容!

文句があるなら私の脳にお願いします(笑)

最近暑いですが、夏バテ気味になったら私のたわいもない妄想で元気になってくれたら嬉しいです。

それではまた!!もふこ。

ジャニーズwestと海に行きたい〜second〜



こんばんは!!!

ブログ開設したばっかりなのに想像以上のアクセス数でちょっとにやにやしてます。もふこです。(笑)

さあ今日は残りの4人行きましょ〜〜!!



まずは我が軍幼馴染代表にこにこ天使ちゃんこと重岡大毅!!

まあこの人はとにかくdisるよね。高校のいつメンで海に来たんだけど私と大毅は荷物番中なの。日焼け気にしてるから私はラッシュガード羽織ってるのね?それみた大毅は『なんやそれ!あ、もしかしてあれか?腹出てるから脱げへんのか?お?』って言ってくる。それにしても大毅、歯が多いなあ(関係ない)ムカついた私はむすっとしながらラッシュガード脱ぐの。すると大毅突然黙って頰赤く染めながら『誰もお前の水着姿なんか見たないわッ!!!』って言いながら私が着てたラッシュガード投げて来るしすれ違いざまに『調子狂うわ、ったく。』って言われる。絶対に。



さて次!小瀧望くん〜!

のんちゃんも高校のいつメンでおシゲとかと一緒に海来てるの。のんちゃんは私のこと大好き!!感を丸出しにして来るし彼はおシゲが私のこと気になってるのも分かってるからのんちゃん私のことがっつりホールドしてくるの。私がちょっと動こうとすると『待ってや!どこ行くん?』(しっぽぶんぶんきゅるるんのんちゃんスマイル)でずーっと側離れないの。突然人影少ないところに連れて行かれてのんちゃんのガッチリした身体のどこ見ようかってあたふたしてると『なあいい加減俺の気持ちに気づいてくれへん?』って初の望感出されるからムリ!それを物陰から見つめるおシゲちゃんがいたらなお良し!



はい次!桐山照史くん!!!

サークルの行事で海に来たんだけど私は泳げないからぼけーっと海眺めてるの。そしたら誰かが背後からラムネ瓶ほっぺに押し付けてくるから誰かな〜?どうせ同期のシゲだろうな。って思いながら振り返ったらみんなの人気者あっくんがにこにこ笑ってこっち見てる!私が『え!あっくん先輩!みんなのところ行かなくていいんですか?』って言ったら『あーいや、ええねん!いつもあいつらとよう遊んどるからたまにはボケーって海見ようと思ってん!隣ええ?』って聞くわりに答え聞かずに私の横座るじゃん?あっくん先輩こう見えて不器用だから肩と肩が触れて『…あ、すまんな。』って離れるんだけど突然『…よし、言うぞ』って覚悟決めたように言うからあっくん先輩の方向くと『今度は2人で海来ようや!』(あっくんスマイル!)って言われる、!この夏もう一回あっくん先輩と海来れるんだ!くらげが出ない季節までにもっと痩せなきゃなってココロオドル夏の幕開けじゃ〜〜〜〜!!!


最後は我が軍の帝王!!TAKAHIRO!!

これに関しては私の性癖丸出しですがご了承ください…

崇裕と付き合って初めての夏ってわけで水着も買って頑張ってダイエットしてルンルン気分〜で完全お気楽モードの私。でも崇裕に『海連れてって♡』ってお願いしてもあまり乗り気じゃないみたい…ここ2週間くらいずっと海!ウミ!UMI!って事あるごとに言ってたら崇裕が突然頭掻きながら『ったく、めんどい奴やな。1回だけやからな?海連れてったるの。』って顔歪ませて言ってくる…(性癖)その言葉に期待してたら『んじゃ、今から行こか。』って車に乗せられて連れて来られたのは夜の海…!!(エロい)足だけ水に浸かってキャッキャしてる私を無言で煙草吸いながら眺める崇裕。でもちゃっかり車の後部座席には2人用の花火セット積んでるから堪らない…波の音だけが響く夜の海に時折混ざる崇裕から放たれるリップ音…いい…

一通り花火終わって帰ろっか。ってなって恋人繋ぎで車まで行くの。車に乗ると私はすぐ寝ちゃうんだけど(実は寝たフリ)そんな私に『昼の海やと○○の水着姿に耐えられるか不安やってん、』って情けなく笑うから私恥ずかしくてパッて目開けちゃうの。そしたら『んあ、起きてたん?』って聞いてくるから私からキスすると問答無用でふっかいのしてくるからこのまま朝まで…(自主規制)



終わったーーーー!!!!!!

やっぱり夏って素晴らしいですよね…

って言うか私の濱ちゃん好きが爆発しちゃってますね…すいません…でも私はこれからも濱ちゃんを愛でていくのでよろしくお願いします!!!!!!!!!